肝機能回復サプリランキング完全ガイド

肝機能回復サプリランキング

オルニチンで肝臓の働きをサポートする

 

 

どうしてオルニチンという成分で肝機能の働きを回復しやすくすることができるの可についてお話をしていきたいと思います。オルニチンというのは、肝臓の中にも存在している成分であり、アミノ酸の一種になっています。このオルニチンには、肝臓の働きを回復しやすくするだけではなく、脂肪肝の改善作用も期待できるとされています。

 

また、実際に継続してオルニチンを摂取した結果、肝臓のγーGTPやALTの数値を低下させることが出来たという発表もありました。さらにオルニチンというのは成長ホルモンを分泌しやすくする働きを持っています。この成長ホルモンというのは脂質を代謝しやすくすることも可能になります。

 

成長ホルモンには、このほかにも肝臓に溜まっている脂肪を分解しやすくする働きがあることから、脂肪肝を改善しやすくすることも期待できるようになります。さらにエネルギーを作りやすくしたり、アンモニアのような毒素の分解を促進させる働きもあります。

 

お酒を飲んだら、脳に十分にエネルギーが送られなくなってしまうこともあるのですが、その脳のエネルギーを作るサポートをオルニチンがしてくれますので、お酒を飲む前後にオルニチンを摂取するといいでしょう。

 

オルニチンというのは、肝臓の疲労を改善しやすくすることができるだけではなく、体の疲労を回復させやすくすることも可能になります。しじみに特にオルニチンが含まれているのですが、毎日十分な寮のしじみを摂取するというのは難しいという人もいるでしょう。他にも、パンやチーズ、ひらめなどにもオルニチンが含まれています。

 

肝炎の予防をしっかりしよう

 

肝炎ウイルスによって、どのような感染をしていくのかというのが違っています。ですので、ウイルスによって予防方法も違っています。大まかに分けると、血液感染と経路感染に分かれます。

 

A型肝炎ウイルスの場合
まずA型肝炎ウイルスの場合、経路感染によって感染をします。便と一緒にA型肝炎ウイルスが排泄されているのですが、この便を肥料として活用している場合、野菜などを食べることによって感染することがあります。また、洪水によって飲料水が汚染されてしまったり、上下水がちゃんと整備されていない場合も毛色感染されてしまうこともあります。

 

ですから、日本では経路感染をするということはあまりないのですが、まだ上下水の整備が行われていない東南アジアなどに出張や旅行をしたことによって、毛色感染をしてしまうケースは少なくありません。ですので、ちゃんと肝炎ウイルスの予防接種を受けたり、生水などは食べたりしないようにすることで予防をすることも可能になります。

 

B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスの場合
B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスは血液感染によって感染されます。血液の中に含まれているウイルスが多くなってしまうため、感染されやすくなっているのがB型肝炎ウイルスで、感染力が低くなっているのがC型肝炎ウイルスです。

 

B型肝炎やC型肝炎になっている人の血液が傷口などに入らないように対策をすることが予防策になっています。また、普段口にする食事などを気にすることで、肝炎の予防をしやすくすることも可能になります。

 

お酒はあまり飲まないようにする
お酒というのは肝臓に少なからず負担をかけることになりますから、摂取することが大切です。また、お酒は1週間に3日くらいは飲まないようにして、肝臓に負担をかけないようにしましょう。

 

毎日たんぱく質を摂取する
肝細胞を再生させるためにはたんぱく質が必要です。ですので、たんぱく質が多く含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

 

ビタミンを積極的に摂取しよう
肝臓というのは、脂質やたんぱく質、炭水化物の代謝が行われています。その代謝を正常に行うためにはビタミンが必要不可欠になってますから、積極的にビタミンを摂取するようにしましょう。

 

肝臓と運動の関係

 

肝臓によいことですぐに思いつくのが食生活の改善です。そして実はもう一つ、適度な運動というのが肝臓にいいことの一つというのがご存知ですか。とても意外かもしれませんが、肝疾患の場合筋肉は非常に大きな役割を果たしているのです。

 

昔は、肝臓が悪ければ安静にしていなければいけないと言われていました。しかし今は、適度な運動は肝臓にいいと言われているのです。肝臓はいろいろな機能を持っており、さまざまな役割を果たしています。

 

その中に糖やアミノ酸を代謝したり、血液中の有害物質であるアンモニアを無毒化したりするものがあります。肝臓の機能が低下している場合は、筋肉が肝臓に糖やアミノ酸を代謝したり、アンモニアの無毒化をしてくれたりするのです。

 

つまり筋肉量のある人のほうが筋肉量のない人よりも肝臓の機能が低下している場合、肝機能 サプリメントの負担が軽くすむのです。そのため筋肉の維持が大切になるのです。そしてウォーキングやジョギング、水泳など呼吸をしながら長時間行う有酸素運動が、肝臓には良いとされています。

 

その反対に、短距離走や腕立て伏せなど息を止めて瞬発力を使う無酸素運動は、肝臓に負担をかけてしまいます。無酸素運動は乳酸を発生させてしまうからです。。

 

そして運動は毎日継続して行うことが大切です。そして1回30分行いましょう。もちろん、無理は禁物です。重病の場合は安静にすること、そして無理をしない程度に毎日継続することがとても大切です。

 

更新履歴